マンガのニュースを毎日配信コミックナタリー
コミックニュース
ズボラ飯より面白い?水沢悦子がSNSに疲れたあなたへ捧ぐ、日常ラブコメ1巻

2017年10月12日 19:55
[5]9コメント
News_thumb_middle_terumi1
画像を拡大(7件)

つぶやく

「花のズボラ飯」の水沢悦子による単行本「もしもし、てるみです。」1巻が、本日10月12日に刊行された。

週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)の巻末にて連載中の「もしもし、てるみです。」は、SNSが普及した現代社会において、アンチネットのポリシーを貫く携帯電話会社・もしもし堂で働くてるみさんと、彼女に思いを寄せる中学生・鈴太郎の日々を描いた物語。SNSに疲れた水沢が、同じ気持ちの読者へ捧ぐ日常ラブコメディだ。マンガはフルカラーにて収録されている。

単行本発売にあわせて描き下ろされたマンガでは、「グルメ漫画よりもしもし漫画の時代だと思うんですよね」「ズボラ飯より完全におもしろいと思うんですよね」と記された。なお単行本をCOMIC ZIN、とらのあな、有隣堂、文教堂、TSUTAYAにて購入した人には特典をプレゼント。


[4]前へ│[6]次へ
>>全ての画像(全7件)を見る

マンガ家情報: 水沢悦子

水沢悦子「もしもし、てるみです。(1)」 [漫画] 2017/10/12発売1050円小学館

Amazon.co.jp

>> その他商品一覧へ

関連リンク(2件)
[2]上へ

■前後の記事
[4:前]「いちご100%」ヒロイン大集合のLINEスタンプ、鉄棒使った告白シーンも
[6:後]峰倉かずやデザイン「最遊記」シリーズ20周年を記念したフレーム切手
>>最新のニュース一覧へ
コメント
9
>>[5]コメントをもっと見る
アクセスランキング
[1位]「モブサイコ100」ドラマ化!濱田龍臣×坂本浩一のウルトラマンジードコンビで
[2位]手塚治虫「奇子」オリジナル版が刊行、単行本未掲載の別エンディングも収録
[3位]「ゴールデンカムイ」制作はジェノスタジオ、難波日登志監督が「放送規制に挑む」
>>ランキングをもっと見る

サイト内から探す
[2]上へ
▼コミックニュース
最新ニュース
特集記事
ランキング
話題のアーティスト
[#]コミックTOPへ戻る

ホーム音楽コミックお笑い


[0]ホーム[2]上へ[8]下へ

Copyright (C) Natasha,Inc. All Rights Reserved.