マンガのニュースを毎日配信コミックナタリー
ナタリー Power Push
高尾滋「マダム・プティ」
16歳の未亡人、波乱の旅路はオリエント急行からパリへ 新天地で生まれた高尾滋の新たな魅力

時は1920年代末、オリエント急行に乗車した16歳の万里子を待ち受けていたのは、大きな波乱含みの旅路だった……。「マダム・プティ」は、花とゆめで活躍してきた高尾滋が、執筆の場を別冊花とゆめ(ともに白泉社)に移して連載する初めての作品だ。

コミックナタリーでは単行本2巻が発売された機に、高尾を直撃。新たなフィールドで連載するにあたっての変化や、作品に込めた思いを尋ねた。作画に使用されている資料と、貴重な仕事場の写真も併せてお楽しみいただきたい。

取材・文/岸野恵加
 [6]次のページへ

(TOP/1/2/3/4/5/6/7)

■目次
1. オリエント急行の乗客たち
2. 高尾滋インタビュー[1]
3. 高尾滋インタビュー[2]
4. 高尾滋インタビュー[3]
5. 高尾滋インタビュー[4]
6. 高尾滋インタビュー[5]
7. 高尾滋インタビュー[6]
[2]上へ

高尾滋 プロフィール
「マダム・プティ」商品情報
高尾滋「マダム・プティ(2)」をAmazonでチェック!

サイト内から探す
[2]上へ
▼コミックニュース
最新ニュース
特集記事
ランキング
話題のアーティスト
[#]コミックTOPへ戻る

ホーム音楽コミックお笑い


[0]ホーム[2]上へ[8]下へ

Copyright (C) Natasha,Inc. All Rights Reserved.